保険の営業マンである私が実現したい目標はこの2つ【私の営業学】

保険の営業を通じて私が実現したいこと営業ノウハウ
スポンサーリンク

保険営業マンが仕事を通じて実現したいこと

 

これまで生命保険の営業を行ってきました。

法人や個人のお客様を中心に保険を販売してきました。

保険は、販売だけでなくその後のアフタフォローも大切な仕事のひとつです!

 

なぜなら、保険が商品化するのは、唯一その瞬間だけだから!

と言っても過言ではない。

 

ただ、その商品化する瞬間のほぼ全てがネガティブなもの。

この理由からもしかすると忌み嫌われる業種なのかもしれません。

 

時には、モノが壊れたりや盗まれたり

時には、燃えたしまったり災害に合ってしまったり

時には、人がケガをしたり病気になったり

または、亡くなってしまったりする

 

ネガティブな事ばかりである!

ただ、その様な時に、しっかりとサポート出来た後には、その人との人間関係は良好なモノになっていることは、説明しなくても想像できることだと思う。

そんな人との関係を保険の営業を通じてつくる事が出来たことは、私の財産です。

 

このような経験を踏まえ、これから私が保険の営業やこのブログサイトを運営していく上で実現していきたいことが2つあります。

【今回の記事内容】

  • 保険営業を行っていく上での営業学
  • 営業を通じて業界に貢献する方法

今回はこの2つについて、じっくりと掲載していきます。

 

営業において大切な「マインド」について、私の考え方も掲載しています。

業種を問わず

  • 「営業で迷っている方」や「悩んでいる方」に参考になるような内容です。

 

ぜひ最後まで見ていいただき今後のあなたの考え方のひとつの道しるべになれば嬉しいです

 

保険営業における営業学

まず1つ目は、出会ったお客様の「不安」を最適な「安心」へと変えていくこと。

この営業の原理原則である人の「悩み」を解決することです。

 

私の営業経験上、多くのお客様は、普段の生活でリスクについて「不安」に感じているものの、その「不安が抽象化」してしまっていることが、とても多いと感じています。

※ちなみに、抽象化とは、はっきりとしてないことを表しています。

 

その様な「抽象化した不安」に対して、より「具体的な不安」を洗い出し、解決していくことが、保険営業マンが仕事を行う上でとても大切なことです。

※このような場面は、保険に限らずあらゆる業種で想定できる不安の在り方と考えています。

 

【例えば】
➀車が欲しいと思っている人はいるが、どのような車が欲しいか明確でない
➁持ち家が良いのか、賃貸が良いのか明確ではない

この様な場合、簡単にせつめいすると➀については、わかりやすいですが、②については、どちらもメリットやデメッリトがある為、一概にどちらが良いとは商品的には言えません!但し、購入者等が住むための条件や将来的なイメージを鮮明に判断することが出来れば、選択は可能となるはずです。

 

結果として、

「具体的な不安がわからない」⇒「具体的に不安がわかった」へ変化

その不安に対して「解決策をについて知りたい」そして「解決したい」「解決してほしい」と言っていただき「安心できる補償」をお届けすることが、わたしが保険営業を通じて実現したいこと!

 

契約するかしないかは、相手が考えることでその点をどうにか出来るとは思っていません!

 

顧客と良い関係を続けていける営業を行っていくことが私の使命

 

保険業界の貢献する方法

2つ目は、保険営業マンとしての専門性を活かし、更なる業界発展に貢献することです。

 

これまでの営業の経験から、保険の営業マンに対し、好意的な印象を持っている人は、ほとんどいないと思っていますし、実際のそのような声をいただいたこともあります。

 

「保険の営業マンってきらい」
「保険の営業なんかやめて違う事したら」
「契約するときだけしつこく勧誘するんでしょう」

みたいな声は、当然のように言われます。

 

【業界のイメージを変える方法】

営業マンひとりひとりが、リスクに対してのプロフェッショナルへ成長すること

 

プロフェッショナルになる為には、社会保障制度や様々な業界の法改正などの周辺知識や事故や災害時の経験からの専門知識など、役に立つ情報を常に発信していき、信頼してもらえる営業マンとなる必要があると思っています。

 

この様な情報を発信していくことで、営業マンとして成長することはもとより、お客さまから感謝される存在であり続けられるはずです。

 

この様な日々の積み重ねの結果、営業マン自身の成長だけでなく、相手が「保険の重要性」や「必要性」を感じてもらう事ができるはずです。

そして、このような活動や心構えを持って行動していれば、いつか必ず業界へ貢献することが出来、その業界の発展につながっていくと考えています。

 

その為には、営業マンとして、日々成長することを目的として、顧客目線の対応を行い、自分自身の行動に責任を持って行動していくことが、とても大切ではないかと。

 

【営業を通じて実現したいこと】

「お客様に感謝され」「人として成長し」「業界の発展に貢献する」

 

以上の2つが、シラが考える営業についての考え方です。

この考え方のシラです。

もしご質問やご不明な点などありましら、コメント欄にご記入くださいね

またTwitterもやっていますのでフォローしていただけると嬉しいです♫

 

ただ、もし保険の営業マンが嫌いな方でTwitterをフォローしてしまってい方は、どうぞ気にせずフォローを外してもらっても結構です。

ただ、もしよければ、保険の営業マンを嫌いになった理由を教えていただけると嬉しいです。

それでは、また次回もよろしくね。

 

この記事を書いた人
FPシラ

金融系営業歴15年
■保険の節約方法
■SNS運用
■営業や副業情報
生活に役立つ保険情報を掲載中
【保有資格】
■損害保険特級資格
■FP2級
■運行管理者資格
■年金アドバイザー

FPシラをフォローする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました