営業マンが飲み会はオワコンだと言ってはいけない真実を大暴露

営業マンは飲み会をオワコンと言ってはいけない理由営業ノウハウ
スポンサーリンク

本当に飲み会はオワコンなのか?

 

なぜ、飲み会がオワコンなのでしょうか?

 

【飲み会のイメージ】

  • 会社の飲み会
  • 上司との飲み会
  • 取引先との飲み会

このような飲み会をイメージしているのでしょうか?

 

但し、一括りに「飲み会=オワコン」と考えることは危険です!

 

同僚や仲間や会社の上司。

確かに上記の飲み会はオワコンかもしれません。

 

その理由については「本当にオンライン飲み会はオワコンなのか?」という記事を書いています。

 

ただ、今回は営業マンが飲み会をオワコンと捉えることにイエローカードを提示したい!!

考えが変わったではなく、今でも「社内や上司との飲み会は必要ない」と思っています

参加したところで、愚痴や不満を言っているだけの時間で、はっきり言ってムダです。

 

しかし、取引先や協力先との飲み会は、一緒にすべきではないと思っています!!

なぜなら、あなたが「生きた情報」が欲しいのであれば参加すべきだと考えているためです!

特に、ビジネスマンや営業マンであれば尚更。

 

結論、営業マンが飲み会への参加を放棄することはビジネスチャンスを失うこと!

 

理由は、かんたんで、参加することにより、あなたの人生に大きな影響を及ぼす可能性がるから。

なぜ、そのような結論になるのかについて解説していきます。

 

当然メリットばかりでなくデメリットについても包み隠さずお伝えしていきます。

最後まで見てくださいね。

スポンサーリンク

 

飲み会がオワコンな理由

最初に、飲み会がオワコンなことは誰もが知っていることですよね。

上司や会社の同僚から誘われることが、嫌な方も多いようですね。

 

但し、これがビジネスの場面になると話は別と考えた方が良いです!

顧客や取引先との飲み会までオワコンと考えると危険です。

(しかし、仕事だからと仕方なく参加はするのでしょうが。)

 

その理由についてお伝えします。

 

顧客との飲み会をオワコンと捉える危険性

何でもかんでも一括りに飲み会=オワコンと考えることは違う事は説明しましたね。

その危険性について考えてみましょうね。

 

社内や仲間との飲み会は、愚痴や悩みの場でしかなくて生産性はありませんね。

 

ココからがポイントです!

それでは、それ以外の人との飲み会では、愚痴や悩みが出てくることはないのでしょうか?

そんなことはないはずです。

 

当然出てくると思いますし、飲み会に参加できるような間柄であるからこそ出てくるはず。

 

まず、ココはわかっておかなければならない大切なポイントです。

営業マンの仕事は、問題を解決すること大きなミッションです。

 

その問題解決の提案が出来れば、仕事として成り立つわけですよね。

この営業マンの問題解決については、「ダメ営業マンだった僕が成果を上げた営業学」に掲載中

 

「愚痴」や「悩み」は、顧客にとっての問題ではないでしょうか?

その問題をヒアリングできる格好の場です!

 

その場を、オワコンだからと言って営業マンが自分自身で放棄することはチャンスを逃すことです!

あなたが、そんな飲み会がなくても結果にコミットできるのであれば問題ありませんが。

 

飲み会というのは、営業マンにとって大切な場であることは理解しておきましょうね!

 

営業マンにとって飲み会は「顧客の問題解決をする情報収集の場」である!

 

これからの営業マンは飲み会は変化する

前回のページで大切なことは分かった。

とわ言っても、このコロナ時代において飲み会の開催は、以前と比較してもかなり減るでしょう。

そして、今後増加するということは、考えにくいと思っています。

 

しかし、仕事も今はリモートで行う時代となりました。

また、転職活動における面接もリモートで行っている会社も増えてきています。

 

そのような環境下で、飲み会はお店に来店しなければいけないと考えることは、

時代に乗り遅れている感はありませんか?

 

最近ではオンラインサロンでは、リモートでの飲み会や打ち合わせが頻繁に行われています。

わたしもオンラインサロンに2つ加入しています。

リモートによるミィーティングなんかは定期定期に開催されています。

 

日本一のオンラインサロンである「西野亮廣エンタメ研究所」。

ここのメンバーは各々でリモートによるオンライン飲み会を会員同士で行っています。

サロンを経験されたことがある方は、当たり前の情報で極々一般常識だと思います。

 

このような世間一般からすると「クローズド」な場において情報の交換はされている訳です。

この様な場を自分自身でつくる事も可能でしょうし、また参加することは出来ますよね。

 

このクローズドな場所にて生きた情報を収集することが可能なのです。

 

ひと花咲かせたいと思っている「ビジネスマンや営業マン」であれば、

リモートによる飲み会というのは出来るだけ参加した方が、

これからビジネスを進めていく上ではとても重要なこととなるのではないでしょうか。

 

結論、今からの飲み会はオンラインを活用した方法へ!この変化に乗り遅れないよう行動!

 

リモート三種の神器はコレだ

ココまでで、オンラインによる飲み会が、大切なことはわかったはず。

ココからは、そのオンラインの環境を良くすための三種の神器を紹介します。

 

なぜ環境を整備するのか?

 

例えば、今までの飲み会は外食でしたよね。

お店を選ぶ際このようにしていませんでしたでしょうか?

 

「汚い店よりきれいな店だし」
「うるさい店より静かで落ち着いた店」
「ボロボロの机よりきれいな机」

 

店を選択する際には重要ですよね!

顧客や取引先との会食をセッティングする際には当然の配慮ですよね。

 

その環境を自分自身で作ってしまおうという事です!

オンライン環境整備のための基本です。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

チェア

オンラインミーティングや飲み会をすると長時間座りますよね。

外食の際も同様ですが、疲れない為にもチェアは重要です。

シラ隊長
シラ隊長

腰痛対策にもなりますよね。

 

ウエブカメラ

オンライン飲み会や会議をやる上で必須ですね。

PCに内蔵されていない方やスマホを使用されている方は、購入した方が良いでしょうね。

 

シラ隊長
シラ隊長

スマホが使えないってストレスになりますし、画質は良いモノが良いですよね!

ヘッドフォン&マイク

最後に、ヘッドフォンとマイクです!

これは、本当に大切です。

聞き取りづらかったり声が届いてないとかなると折角のミィーティングや飲み会がムダに!

だからこそこの部分は、こだわって選びましょうね!

シラ隊長
シラ隊長

ノイズキャンセリング機能が付いたヘッドフォンなんかはおススメです

以上が、オンラインでのミィーティングや飲み会で必要となる三種の神器です!

この様に環境整備を行っていきましょうね

 

これでオンライン飲み会はオワコンだと言わせないよ!

 

総括

以上が、営業マンが「飲み会をオワコン」と言ってはいけない理由です。

これから営業のスタイルは変化していくでしょう。

 

その時代に乗り遅れないように、考え方や環境を時代に合わせていくことは必要なことです。

営業マンとしてそしてビジネスマンとして長く幸せに生活していけるように頑張っていきましょうね

 

【記事内容の振り返り】

  • 営業マン・ビジネスマンはお客様の問題解決が仕事
  • 飲み会をオワコンは、機会損失の危険
  • 考え方と環境を整備して時代に乗り遅れないこと

 

以上が今回の記事の総括です。

 

今回の記事の内容でご不明な点などありましたらコメント欄にご記入ください。

また、Twitterもやっていますのでフォローしていただけると嬉しいです♫

 

これからも営業マンが、働きやすくためになるような情報を掲載していきます。

次回の掲載も見てくださいね。

 

この記事を書いた人
FPシラ

金融系営業歴15年
■保険の節約方法
■SNS運用
■営業や副業情報
生活に役立つ保険情報を掲載中
【保有資格】
■損害保険特級資格
■FP2級
■運行管理者資格
■年金アドバイザー

FPシラをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました