【ヤバいモバイル保険】保険のプロが本当は教えたくない3つのポイント

モバイル保険 保険のプロが契約保険の節約法
スポンサーリンク

モバイル保険の加入した決め手は何?

 

モバイル保険って携帯を購入した時に加入しているよね?

シラ隊長
シラ隊長

そうだよ!だからこそ!変更した!今まで加入していた携帯会社の補償と比較して切り替えをしたよ!

 

結論、『コスト』『修理時の支払』『補償の範囲』この3つの理由で切り替えましたよ!

破損や全損になった時、損をしない為にね!

 

切り替えた理由は3つ

  1. 毎月のコストが割安になった
  2. モバイル保険に自己負担額が無い
  3. ノートパソコン・ゲーム機も補償の対象

 

実は、ポイント3のノートパソコンが対象になることが素人が絶対に知らないポイントです。

この内容の詳しい内容は、最後まで見ていただければわかります。

 

また、『モバイル保険のかんたん加入手続き画像付き手順解説』は、前回の記事で掲載中です。

 

それでは、3つの理由を紹介していきます。

最後までよろしくお願いいたします。

 

モバイル保険加入で毎月のコスト削減

最初に、毎月の支払額を比較します。

持っている携帯の毎月の補償サービス料金を比べてみよう

ちなみに、モバイル保険の月額は、700円

 

▼モバイル保険HPは下記▼
修理費用全額保証【モバイル保険】



【Softbank】

  • あんしん保証パックプラス 650円/月
  • あんしん保証パック with AppleCare Services 890円~1,190円/月
    (毎月の支払額は、機種にって異なる)

補償内容についての詳細は、Softbankホームページよりご確認ください

【 au 】

  • 故障紛失サポート 630円/月
  • AppleCare+ & au端末サポート 707円~1,190円/月
    (毎月の支払額は、機種にって異なる)

補償内容についての詳細は、auホームページよりご確認ください

【docomo】

  • ケータイ補償サービス 330円~1,000円/月

補償内容についての詳細は、docomoホームページよりご確認ください

 

機種にもよりますが、安くなものもありますし、高くなる機種もありますね!

シラ隊長
シラ隊長

そうだね!私は、ソフトバンクのiPhoneで月890円。少しだけ安くなったよ。

パンダくん
パンダくん

新しく携帯会社との比較表が掲載されていたよ!紹介するよ!

モバイル保険と携帯会社との比較

価格に関しては、現在の毎月の支払額を確認すること

ココでメリットがあれば次の段階へ

 

修理費用の自己負担金が無い

次に、モバイル保険では、自己負担額がありません。

しかし、携帯会社の補償サービスでは、自己負担額があります。

【自己負担額とは】
携帯電話をした際に10,000円の修理代金が必要だったとします。自己負担額が、1,000円あったとします。9,000円は補償されます。しかし残りの1,000円は、『あなたの財布からの支払いが発生する』という事。

 

実際に「あんしん保証パック with AppleCare Services」「モバイル保険」を比較してみましょう!

どれくらの金額の自己負担があるのでしょう

 

Softbankの「あんしん保証パック with AppleCare Services」の場合

お客さま負担額

  • iPhone 画面割れ:3,400円 その他修理の場合:11,800円
  • iPad  すべての修理:4,400円(税込)

自己負担しなければいかない金額が、けっこう高いなぁ

シラ隊長
シラ隊長

モバイル保険の場合は、どうでしょうね

モバイル保険の場合

モバイル保険の自己負担額

このように、モバイル保険のおける自己負担がありません

破損させてしまったショックに輪をかけて、自己負担が発生するとダブルショックですね!!

 

何かあった時に、自己負担なくしっかりと補償されるモノを!

 

ノートパソコンやゲーム機も補償対象

最後のポイントですね。

モバイル保険は、一つの契約です3つまでの登録ができます。

例えば、

  • スマートフォン + スマートフォン + スマートフォン 計3台
  • スマートフォン + ノートパソコン + ワイヤレスイヤフォン
  • スマートフォン + ゲーム機器   + スマートウォッチ

このような組み合わせを行うことができます。

このポイントが、素人が知らないポイントになります。

この組み合わせってホームページみればわかりますよ!何がポイント?

シラ隊長
シラ隊長

実は、「ノートパソコン」が補償されることが大きなポイントだよ!

ノートパソコンの補償がポイント?

実はこのノートパソコン。

購入時のメーカー保証以外で破損等を補償できる保険が、消えつつあるんです!

どういう意味ですか?

シラ隊長
シラ隊長

これを見て!

▼家財保険金をお支払いしない主な場合▼

これは、東京海上日動火災保険会社の家財保険の内容の抜粋です。

 

携帯電話、ノートパソコンの破損が補償されていないですね!!

シラ隊長
シラ隊長

そうなんだよ!これからノートパソコンの補償は貴重だよ!

「家財保険」からノートパソコンの破損補償が対象外となっていることがあります!

※但し、保険会社によっては、まだノートパソコンが対象となっている会社もあります!

しっかりと内容は、確認しましょうね!

 

切り替えた3つのポイントのまとめ

この3つのポイントが、切り替えた決め手でした。

特に最後のパソコンの補償は、これから重宝すること間違いないです!

 

それではもう一度振り返ります

  1. コスト削減が出来たこと
  2. 自己負担額が無いこと
  3. ノートパソコンが補償対象にできること

 

以上が私が、モバイル保険に切り替えた理由です。

これからの生活で携帯電話等のモバイル機器は必要不可欠品です!

そんなモバイルの補償はしっかりとしたものにしておきましょう!

 

少しでも気になる方は、一度モバイル保険のホームページをみてください!

▼モバイル保険のホームページは下記から▼
モバイル保険

保険の掛けすぎは勿体ないです!

しかし、どうせかけているのであれば自分が納得できる補償を!

 

又、「モバイル保険の申し込み手順」に関しては関連記事に掲載していますので、ぜひ参考にしていくださいね!

 

これで今回のブログはおわりです。

それではまた次回もよろしくね♫

この記事を書いた人
FPシラ

金融系営業歴15年
■保険の節約方法
■SNS運用
■営業や副業情報
生活に役立つ保険情報を掲載中
【保有資格】
■損害保険特級資格
■FP2級
■運行管理者資格
■年金アドバイザー

FPシラをフォローする



コメント

タイトルとURLをコピーしました