初心者が失敗しないための保険の3つの形

保険の基本は3つ保険の節約法
Colleagues giving a fist bump
スポンサーリンク

今の保険本当に大丈夫?

保険の基本を知らずに『損』した失敗談

「保険で失敗しない為の保険の基本的な3つの形」

加入している保険で、損をしたとい思っている人はいませんよね

ただ、貯蓄目的で加入した保険が、お金がほとんど溜まっていなかったらどうでしょう。

 

実は、こんな失敗をしている方は少なくない。

 

ただ、なぜ、失敗をしてしうのでしょう?

 

このような失敗しない為には、保険の3つの形を知ることが大切。

 

この保険の3つの形を理解することで2つのメリット

①今自分がどんな保険に加入しているのかがわかります。

②失敗をせず、保険で損をしない知識や考え方がわかります。

 

その3つの形とは

  1. 定期保険
  2. 養老保険
  3. 終身保険

たったこの3つだけ。

とてもシンプルなことなのですが、とても大切なこの3つの形。

 

このことが、分かっていないと、私のように本当に大失敗します。

そんなことにならないようにすら為の大切な話です。

 

ということで今回は、失敗をしない為の基本的な保険の3つの形について紹介します。

 

保険を考えたきっかけ

だれでも最初は、全く保険のことも知らない素人です。

実例をもとにお話をします。

この方の保険加入にきっかけは、就職時に母から

「就職したのだから保険くらい加入しないさい」

と言われ、なんとなく、言われるがままに加入したことがきっかけなのですが。

 

おススメされた貯蓄目的の保険内容

毎月1.5万、年間で18万を6年間
総額100以上の支払い
6年間で貯まっていた金額が、たった1万5000円

 

失敗の原因がひらめく3つの形

失敗の要因は、3つの保険の形しらなかったこと。

この3つの形は特に下記の方に知ってほしい。

  • 今から加入しようとしている方
  • 今の保険内容を知らない方
  • なんとなく加入した方
上記のような方は、保険にどんな特徴があるのかわかります。

 

その3つがこれ。

1定期保険
2養老保険
3終身保険

 

そして、次回の投稿予定の「5つの加入目的」まで読むと

自分や家族のために備える保険の考え方の基本は理解できますよ

 

定期保険の特徴

読んで字のごとくですが、期間の定まった保険。

期間を定めて、安い掛け金で、大きな保障をつくりたいときに活用できるという特徴があります。

メリットもある反面、定期預金と勘違いして、満期時にお金が返ってくると勘違いしている人もいるようです。

こんな特徴がある定期保険。

ちなみに、この定期保険課どうかの確認方法は、保険証券の保険期間と保険料払い込み期間に、年数や数字が記入されていると、ほぼ定期保険もしくは定期特約です

 

養老保険の特徴

形としては定期保険と同じような形です。

ある一定の期間がくると保障は終了します

但し、決定的違う点があります。

それは、保険満了時に満期金が発生します。

1000万円の保障であれば、満期金はほぼ1000万円に近い金額。
(注意:ほかに特約等がついてない場合に限定)

ここまで聞くといい感じですよね。

定期保険との違いがあります。

それは、掛け金が定期保険と比較すると高い。

30年で1000万円の保障の養老保険であれば、月々30,000円くらいになります。

総支払で1000万程度。

すなわち、貯蓄と保障の両方を備えた保険が養老保険です。

このポイントだけは忘れずに覚えておいてくださいね。

それでは次が終身保険。

 

終身保険の特徴

最後に終身保険。

ここまで読んでいただいた方はわかると思います。

保険期間は一生涯です。

掛け金は定期保険より高く、養老保険よりは低いものが一般的です。

また、死亡保障の終身保険であれば、解約時の返戻金もあったりします。

 

ここまでで、わかったともいますが、

私の失敗は、定期保険に加入していたことなのです。

あのときに養老保険に加入しておけばなぁって思いますが。

 

時すでに遅しですね。

 

しかし、たったこれだけのことを知っておけば、自分が失敗したと思う事もなく、後悔もせずにすんだのにって本当に思いますよ。

だからこと、見て頂い方には、失敗してほしくないと本当に思っています

それでは、もう一度おさらいします

生命保険の基本形総括

最後にこれまでの3つの保険についてまとめておきます。

しっかりと確認してみましょうね

定期保険
これは、掛け捨ての保険ですね。5年後となんかに更新していき、更新するごとに掛け金があがるものですね。
養老保険
ほとんど貯蓄的な保険でしたね。毎月かけたものが満期になると満期金としてもらえるものですね。但し、掛け金が高い。1000万を25年で貯めようとすると毎月33,333円以上。
終身保険
加入してずっと保険が続くものですね。掛け金は変わらず保証もずっと続くものですね。
但し、定期保険に比べると補償がずっと続くので掛け金が高いが、2番目の養老保険より安いという保険でしたね。

この3つです。そして今回の動画では1から3までの3つを紹介しました。

 

次回の投稿では、保険の4つの目的について解説します(^^♪

それでは、また次回。

 

この記事を書いた人
FPシラ

金融系営業歴15年
■保険の節約方法
■SNS運用
■営業や副業情報
生活に役立つ保険情報を掲載中
【保有資格】
■損害保険特級資格
■FP2級
■運行管理者資格
■年金アドバイザー

FPシラをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました